移動・交通手段

バンコクでの移動・交通手段など

タイ・バンコクでの移動 交通手段

仕入れ・買い付けにおいて、移動手段の確保はスケジュールを決める上で重要なポイントを占めていると考えます。特に、バンコクでは交通事情がかなり悪いので、交通状況の判断を間違えると移動時間が大幅に費やしてしまうことが多々あります。
バンコク市内の主な移動手段としては、タクシー、BTS(スカイトレイン)、MRT(地下鉄)、トゥクトゥク(三輪車)、バスなどがあります。後者の2つに関しては、なかなか使い難いということもあるので、下記にご紹介するタクシー、BTS、地下鉄を上手く使い分けてスケジュールをこなしてください。

一箇所の徒歩圏内で全ての買い付けが出来、計画通りぴったりにホテルまで戻れる、なんてことは、上級バイヤーにもなかなか難しいです。仕入れスケジュールを決める上で、移動手段の選択は重要なポイントを占めます。行動に時間制限の有るバイヤーとしては、ルートは綿密に調査すべき事項です。現地の情報と移動手段を上手く利用して、スムーズに移動出来る方法を選択・確保しましょう。

主な交通機関を、ご紹介してみます。

タクシー

バンコクにおいて一番使い勝手が良いと思います。旅の始めに、スワナプーム空港から宿泊地へ行く時も、大変重宝します。

BTS(スカイトレイン)とMRT(地下鉄)

誰でも気軽に使える交通機関。渋滞を避けたい時に有効です。時間に正確です。

レンタカー

タイの場合は運転手付きです。必要な方は弊社までお問い合わせください。ホテル・空港への往復も可能です。

バス

時間がルーズであったり運行ルートが複雑な為、使う必要は少ないです。

トゥクトゥク(三輪車タクシー)

場合によっては有効ですが、タクシーよりも割高です。トゥクトゥクには基本的にメーターがなく、乗る前に運転手と交渉して料金を決定します。観光ならば、是非乗って頂きたいです。
バイヤーや旅行者がよく使う移動手段として便利なのはやはり、タクシー・BTS・地下鉄です。上手く使い分けて、イザ!買い付けのスケジュールを立ててみて下さい。




タクシーと頭は使いよう!

バンコクで移動するにはタクシーが比較的安く、本当に便利な交通手段です。もちろん、タイの空港(スワナプーム空港・ドムアン空港)から宿泊のホテルへ行くときにも大変重宝します。

タクシー目安料金:初乗り料金…36B(日本円で約150円)
空港〜バンコク市内ホテル…約200〜300B(日本円で約800円〜1200円)
高速道路料金…約40〜60B(料金所で直接支払) 空港タクシーチャージ…50B

しかし、利用する上で気をつけて頂きたいのは、料金を多く請求する「ぼる」行為。防止策は、必ず乗車した時点で、行き先を告げて知ってるか確認する事。運転手がタクシーメーターのボタンを押すのを確認する事。ボタンを押さないときは、押すように指示する事をお忘れなく。

困ってしまう実情ですが、悲しいかなドライバーの中には「小悪党」が多い事も事実です。これは、タイでは従来タクシー料金が交渉制で支払われていたという所以でもあります。

経験的に申しますならば『 多少のぼったくりは目をつむって乗る 』のも場合によっては有効です。日本に比べると1/5程度の料金です。天候が悪い日や、目的地迄の交通手段が他にない場合、タクシーを敬遠するが為に時間のロスをしてしまうのも、非常にもったいないような気がします。タクシーの運転手に対しても、日頃買い付けで磨いた交渉術を使ってみる、というのもひとつの手かもしれませんね。

注意点として、バンコクは交通渋滞により、1時間たっても殆ど移動できないエリアや時間帯が存在します。また、基本的には危険が少ないと思いますが、たまに事件に巻き込まれる日本人がいます。特に女性一人の場合の深夜のタクシーの利用は、出来れば避けてください。




BTS(スカイトレイン)、MRT(地下鉄)

渋滞の多いバンコクでは、予定通りに目的地まで運んでくれる足として重宝します。買付けで電車を使う予定がなくても、行動範囲の中の最寄り駅は知っておきましょう。各繁華街に駅があるので、仕事を終えた後の観光にも利用出来ます。

買い付けに使える地域は限定的です。エリアによっては両方の交通機関が無い事もあります。また、価格的には割高な場合もあります。日本と違い、公共交通機関だからと言っても、タクシーより必ずしも安いというわけでは無く、2名以上で利用する場合はかえって高くつく事も有ります。一番の難点は、ラッシュアワー時や荷物が多い時に利用する場合でしょうか。

目的地域の情報を調べた上で、タクシーと公共交通機関を上手く組み合わせる事で、時間とお金のバランスを取る事が大切ですね。




タイのレンタカーは運転手付き!!

車と燃料は高いが人件費は安い!と言う理由からか、ほとんどの場合、車をレンタルすると運転手も付いてきます。これは、ウィークエンドマーケットへの買付けの場合など、車を荷物置き場として利用出来るので、特に多大な効果があります。

週末営業のチャトウチャック市場内のカーゴ発送料金は非常に高いので、荷物は一度に発送がお得です。高額設定ではないカーゴ屋から発送する為に、車があると、まとめて仕入れをする事が可能になるからです。さらに、車での買付けは、日中の気温が平均30℃を越えるバンコクでは、暑さ対策としても有効です。

また、近郊地域への買い付けには必ず、レンタカーが必要となります。例えば、工場に通訳を同行させて直接訪問、打ち合わせが必要な時など。たいていの工場は、都市の近郊から遠方にあり、バンコク市街から離れる程に、タクシーを拾う事は出来なくなります。日本の様に、流しのタクシーは走っていない為、帰路にタクシーを拾う事は困難ですので、ご注意下さい。

contact
先頭