仕入れ先探し

バンコクの卸問屋・仕入れ先など

バンコクの卸問屋・仕入れ先探し

タイで仕入れ(買付け)が初めての方や仕入れ初心者の方は、仕入れの前に、問屋(卸し業者)を探すことから始まります。一番それが重要だと思いますが、最大の難関だということは間違いないです。

仕入れの経験が少ない方でも、今はインターネット、仕入れ・ハウツー本などが多くあり簡単に情報を得ることができる世の中です。しかし、ひとつ言える事は、ネットでの情報は、常に外面上だけの情報であり常に正しいとは限らないのでその事だけは肝に銘じて下さい。毎年変わる法律・流行・販売方式・ローカルのネットワークなどなど。それの情報は、実際には役に立たないものが多いと思います。最後には、自身の経験が頼りになります。

以前から『 タイ仕入れツアー 』というものがありますが、その仕入れツアーの内容は、高額な割には殆ど役に立たない事が多いと思います。それは、突然に店舗が閉まったり、移転したりするのが日常茶飯事だからです。弊社のサポートは、ローカルのみぞ知る情報を共有することがポイントです。






タイの仕入れエリア

タイの面積は日本の約1.5倍ありますが、極端な一極集中でバンコクに全てのものが集まってきます。その為に、バンコクでも様々な仕入れエリアがありますが、アイテムごとにまとまっていない地域がある為に、仕入れには足と経験が必要になります。

タイでの仕入れ問屋

タイでの商売は、比較的に小規模な店舗が多く、その為に「小売」と「卸し」の線引きが殆ど無いです。そこでタイの仕入れで大変困るのが、無数の小売店舗の中から仕入れに適している卸問屋を見つけ出すテクニックが必要となる事です。ベテランの方は、お店の様子や商品、品揃えで瞬間的、直感的に見分けることが出来ますが、なかなか上手くいかない方も多いと思います。

弊社が普段実行している方法としては、商品の次にまずは店内の在庫(ストック)の方法、量を見ることにしています。そのさらに、ストック(在庫)形状、包装の材質で外観での見分けが出来ます。ただし、4畳半くらいで在庫も置けないようなお店でも実際は、ストックルームを別に持っていることも多々ありますので、それが全てではないということを、ご承知ください。

卸問屋が集まる展示会の有効利用

バンコクはタイの中の最大都市であり、極端な1極集中の為、殆どの商品、商材が流通しています。そして、そのバンコクには1年を通して様々な輸出、貿易振興の展示会が開かれています。総合的な展示会だけではなく様々な専門分野(革製品、家具、食品、衣料、OTOP・1村1品、玩具、宝飾品、靴、工業製品、アジアン雑貨などなど)のショーが開催されます。会場は主にインパクト・ムアントンタニー、シリキットクィーンコンベンション、BITECの3会場があります。まだ一度も行かれた事がない方は、是非未知の宝探しに出掛けてみてはいかがでしょうか?

※ 仕入れのポイントとして

これらのギフトショーなどの展示会(フェーム)は、タイの場合は外国人価格(展示会価格)というものがあり貿易、輸出入の為の価格で、仕入れ最少量が多い、価格が2重価格となっている場合は、仕入れには厳しい時があります。そんな時は、弊社にお任せください。打ち合わせ、交渉からは始まりますので確実に対等な立場で商品購入が出来ます。






買い付けを成功に導くために。

卸問屋が集まる展示会を有効利用

農業・工業ともに活気のあるタイ国。前述の通り、極端な一極集中型の最大都市バンコクには、国内の殆どの商品が流通しており、1年を通して様々な貿易振興の展示会が盛んに開催されています。さらに、総合的な展示会だけではなく、様々な専門分野のショーも行われており、取扱は、革製品・家具・食品・衣料・宝飾品・靴・OTOP(1村1品)・玩具・工業製品など。

一度も行かれた事がない方は、是非未知の宝探しに出掛けてみてはいかがでしょうか?

タイ政府輸出促進機構

タイ国のOTOPは、この機関の推奨により活動援助されています。よって、いたるところで開催される展示会こそが、バイヤーにとっては、非常に重要な即売会場でもあり、貿易の商談の場所でもあります。その場合は、タイ語が必修なのは言うまでもありません。個人売買以外のバイヤーで、特に商社を絡めてのタイ〜日本間の貿易を考えている方は、買い付け時期を展示会の開催時期に合わせてでも一度は訪れて頂きたいところです。

※展示会期間中は、予約が殺到します。状況によってはお受け出来ない場合もございます。是非、お早めにご予約ください。

タイ貿易促進 :展示会のお知らせ、日程、予約等が確認できます。

タイトレード・ドットコム タイの展示会スケジュール
インパクト ムアントンタニ MAP タイで最大規模のイベント総合施設「IMPACT」
バンコク国際貿易展示センター MAP コンベンション、展示会のための世界クラスの規模


FTA締結に関わる今後の傾向

タイ〜日本間の関税撤廃となるFTAが締結されていますので、将来のタイ日貿易は更に活発になることでしょう。近年、FTA条約による正式な関税無料(但し段階的に)の締結になりましたが、現実には試行錯誤の最中です。

現段階で関税の優遇措置を受ける為には、特別な輸入書類【 JTEPA(ジェテパ)】を作成する必要が有ります。このJTEPAには、いくつもの分野項目があり、記載事項にも複雑な細かい分類等があるので、知識と時間を要します。さらに、書類の作成が出来るものと出来ない物も有り、なかなか個人では作成が難しいようです。
※JTEPA作成に関するご相談等もお気軽にお問い合わせください。






バンコクでの買付け 心構えとして

さぁ!交渉だ! その前に。

タイに入ってはタイに従う。日本には日本の常識が有るように、タイにもタイの常識が有ります。意識すべきは、「商習慣」が日本とは異なるという事です。
交渉時にタイの商習慣を理解せず、日本での取引と同じ感覚では、バイヤーとしてのスキルを向上する事は出来ません。言語の食い違いや思い込み等による、トラブルが発生する可能性は高まります。

勿論、それが起こらないように、出来うる限り最善をつくすのが、私どもの勤めです。それでも、時として腹立たしく感じたり、物事がうまく運ばない場合も有る事をご承知下さい。タイの感覚・文化を尊重しながらの取引をご想定頂ければ幸いです。

同行サポーターに100%頼るのは?

仕入れ交渉をガイドに頼りきっていては上手くいかない場面もあります。例えば、価格交渉の肝心な場面にはガイドを通さずに、バイヤー自らが直接意思を伝える事で、受け手側の対応が全く違います。タイ語が不得手でも臆せずに、「自分は日本のどこから来て、このような商売をしている。」「どの様に販売していく」などなど、話すうちに、親身に受け取ってくれる場合が多いです。

やはり商売は「人と人のつながり」でしか成立しない物なので、直接コミュニケーションをとる事は、結構有効な手段だと思います。臆することなく、どんどんコミュニケートを取りましょう!

contact
先頭