国際送金

タイからの国際送金方法・手数料など

国際送金

国際送金は、通常、日本からタイへの国際間の銀行・郵便局などの金融機関により送金方法が異なります。タイへの送金方法によっては、簡単&お得に行うことが出来ます。

国際送金の手数料は?

まず、手数料と言えば国際送金を行う機関への手数料が考えられます。銀行などの案内では手数料は2.000円〜4.000円程度だったりしますが、それだけでは送金することはできません。それ以外に送金先のタイ現地の銀行の手数料が引かれて送金完了になります。また、その送り先の金融機関と受取機関に中継銀行が存在するようであれば、その中継する銀行間の手数料も加算されます。

国際送金は意外と手数料というものが不透明であったり、費用が想像よりかかるようです。


その他見えない費用

上記のように国際送金に関しては手数料がかかります。それ以外に、それぞれの銀行のレートでの為替差がありますので、その分が全額負担になる場合があります。弊社のサービスをご利用して頂けるお客様には、発送代行(カーゴサービス)や仕入れ代行の場合は、どうしてもお金の日本円とタイバーツのやり取りが必要になります。

そこで、弊社はお客様の負担をより少なくする為に、日本からの代金のお支払いに関しては、日本の銀行への直接のお支払が利用出来ます。それによりお客様の国際送金の煩わしさや費用の負担を極限まで低くすることが出来ます。






タイでお金を払う

当たり前のことですが、商取引(貿易)をするにはお金のやり取りが必要となります。その際には、それぞれの国の通貨が違うので、商取引に乗っ取った通貨の支払いが必要となります。

タイに来て現金で支払う際は、日本円を現地の通貨のタイ・バーツに交換して支払えばいいのですが、その方法も、それぞれの取引にあった支払方法、国際送金方法を選ばないといけません。

為替レート面で有利なのは現金をそのままタイに持ち込み、両替所(レートの良い両替所)で両替をして払うのがいいのですが、これには限界があったり、日本の為替法に乗っ取った持ち出し金額の制限がある為、少額の貿易以外は使うことが難しい現状があります。






一番お得な取引方法

日本の銀行や空港にある両替所などよりは実際に現金を持ってきて、それを有利なレートで両替し、代金を支払うほうが現地の工場や企業に有利な事には間違いないようです。また、タイでは貿易に関する展示会は数多く開催されていますが、ここでも現金(現地の通貨タイ・バーツ)が有利なのは一目瞭然です。

展示会には外人用とタイ人現地用に分けれていて、外人用はドル表記(ドル建て取引)があります。しかし、現地通貨向けの方が価格や、条件がいい時が殆どです。それでも、支払の度にタイに来てお支払いをするには、別な費用や人的な経費がかかるのでどれを選択するかは、その状況によります。

世界中でクレジットカードが進歩していても、タイでは、一番お得な取引方法は現金です。

※展示会での取引は全てタイ通貨になります。仕入れの交渉もタイ語が断然に有利です。

contact
先頭