仕入れエリア(仕入れ問屋街)

タイ・バンコク 仕入れエリア(仕入れ問屋街)


チャトウチャック市場(サンデーマーケット・ウィークエンドマーケット) MAP

  • ここの市場はバンコクでの代表的な買い付け場所です。(土日のみ開催)

    仕入れには慣れていない人に仕入れ商品を見ることのできる場所です。難点は、余りにもお店が多く、全てが屋外にある為に体力的に非常に厳しいことです。

    また、アイテムごとにエリアが分かれていないので、最初行く場合は迷うことは間違いないです。(地図も役立たずです。)チャトウチャック市場では仕入れる総数は確実に減って来ているのが現状で、まずは、ここで仕入れる品物を見定めて、その後にそれぞれの得意とするエリアに買い付けに行く傾向が強くなってきているのだと思います。

    ここでしか買えないものも多く、大きな市場ですが、やはり掘り出し物は数多いのかもしれません。人気のチュアンピサマイ唯一の本店もこちらにあります。
  • チャトウチャック市場

    店舗数約8,000店舗、タイで最も大きい市場で、おそらく世界最大と言われています。



プラトゥーナームエリア(衣料品・アパレルエリア) MAP

  • 何といっても最近はアパレル系、アジアン雑貨ではない雑貨、シルバー製品などは
    このプラトゥナーム市場がバンコクの仕入れの中心のようです。

    特にこのエリアは、アパレルの仕入れには必ず訪れるところです。昔ながらの入り組んだ、プラトゥナーム市場、仕入れのお店が山ほど入っているショッピングモールが乱立しており、その仕入れのお店を決めて掛からないと、時間だけが浪費する事になります。中でも、もっとも人気があるのが「プラチナムファッションモール」ではないでしょうか?

    また、弊社事務所もこのプラトゥナーム市場内にあります。特にこのエリアはカーゴ屋が多く存在しており、価格は一番安いエリアです。弊社の専属契約カーゴ屋も、このエリアにあります。格安でご紹介できます。

  • プラトゥナームエリア

    発送に関してもこののエリア内にあるカーゴが最安値で提供できるのがプラトゥナームです。ちなみに弊社の仕入の拠点の事務所もこのエリアにあります。



プラトゥーナームその他のエリア(宝飾関係・シルバー) MAP

  • シルバー925と言えば知る人ぞ知る、タイで生産されている商品が多いです。

    日本市場では、タイシルバー製品の割合が一番多いです!!特に、男性のメンズ用シルバーが多く販売されています。有名なクロムハーツ風の物は数多くあります。

    以前は、シルバーの販売で商売は比較的簡単できたそうですが、現在は価格の暴落と仕入れコストの増大で、全盛期のころより1/3は減ってしまったのではないでしょうか?厳しい日本の影響がそのまま反映されています。

    シルバーと言えばプラトゥナーム!以前は、ナライパンという場所が賑わっていましたが、現在ではナライパンの建物自体が取り壊されて、別の場所に移動しました。日本では余り知られていませんが、タイはシルバー製品の生産が世界一なのです。

    そして・・・手法を変えれば、まだまだ!!??

  • シルバー925



カオサン通り(バックパッカーの元聖地) MAP

  • このエリアは、若者バックパッカーの安宿が密集しているところです。今では地元タイ人の観光名所にもなっています。六本木の様な?しかし、アジアン雑貨、シルバーの店がが多くあります。

    アジアン雑貨、シルバー製品が多く扱われています。絶頂期よりはかなり衰退した様に感じますが、道の裏などに貴重なお店があるのも見逃せません。ただ、店の定員は観光客慣れしているので適正価格での仕入れは難易度が少し高い気がします。騙されない様に、気合を入れて頑張ってください!!

    最近は、この辺の仕入れは徐々に減少してきていると思いますが、昔ながらの名店もあるところで有名です。

  • バックパッカーの元聖地
    安宿街もあり仕入れのメッカです。



ヤワラー(中華街)近くサンペーン問屋街  MAP

  • このエリアは、一口では言い表せないくらいに狭い所に沢山お店があります。
    一昔前までは、外国人が立ち入れないほどの壁がありましたが、地下鉄の開通などで行きやすくなって、外国人の姿も多く見れます。

    しかし、仕入れの難易度がかなり高いです。タイ語はできた方がいいと思います。仕入れの交渉にもよりますが、タイでは一番物が安いエリアなのかもしれません。泥棒市場(サンペーン)機械街(ワラチャック)などポイントに分かれています。

    ただ、コピー品には注意ください。また、仕入れの終了時間を間違えると、半端ない交通渋滞になるので、ホテルに戻るのに一苦労する場合が多いです。

    また、このサンペーンの先には、インド人街のバフラットと呼ばれる生地問屋の集まりがあります。バンコクで生地をお探しの場合は、ここに一度は足を運んでいただきたい場所です。

  • 秘密?の問屋街ここを攻略できれば何かいいものが見つかるかも?
    中華街(ヤワラート付近)タイ語は必須なエリアです。



ボーベー市場(タイ人庶民の仕入れ場所) MAP

  • タイのアパレル関係において最安値の場所といえます。

    注意が必要なのは、日本人が欲する品質に絶えられるかどうかきっちりと検査、検品しないといけません。場所はとても分かりにくい地域なのと同時に外国人はあまり行かない地域なので、英語が通じるところは少なく、細かい話し合いはタイ語が必需です。また、ここは一般的な服が多いような気がします。

    ここ数年で様変わりしつつあり、もしかすると仕入れの中心地になる可能性を秘めています。

    ※まだまだ未開拓な為、他のバイヤーが手をつけていない所は大変多く、仕入れのチャンスがあります!ポイントとしては、小ロットでのオリジナル商品を作ることも可能です。詳しくは、弊社までお問い合わせください!

  • 英語が通じにくい地域です。宝物が眠っているかも?



ニューロード(宝石街)

  • タイの宝飾品、貴金属、アクセサリーの販売、仕入れ店舗が密集しているエリアです。価格的には高価なものが多いので、お店によっては敷居が高いところもあるのが現状です。

    タイは世界の中でも宝石に関しては有数の輸出国です。特に、宝石が産出される国というわけではなく、世界から様々な天然石、宝石が集まるところだった為に加工技術が向上していき、現在では比較的安価な加工技術ながらもクォリティーが高いと世界中から注目されています。

    によって一見さんは入場禁止のところが多いです。特にジュエリー専門の方の仕入れが中心のエリアです。

  • この地域の店の入り口は常に施錠されているところが多いです。なので、事前にアポイントが必要な場合があります。



シークレット・スポット(スポーツ用品、電気製品、ワニ革など)

  • タイ・バンコクでは一般的な商品以外にも様々な珍しいものが沢山あります。アジア特有の商材以外にもタイを連想させにくい物が沢山埋もれています。中でもタイは農業国のイメージもありますが、実は工業もアジアの中では有数の国でもあります。

    近年は、自動車やオートバイの生産工場が急増しており、タイのみではなく、他の諸外国や日本に向け輸出している自動車、オートバイの新しいモデルも増えています。それに伴い、派生した部品、アクセサリーなども急増しているので、その業界の方にもおすすめな市場もあります。

    タイと聞いて、仕入れできるものと想像できないものが沢山あるので、まずはいろいろな市場を入念に見ていただきたいです。きっと何かが見つかると思います。

  • 仕入といっても雑貨、アクセサリー、アパレルだけではなく、まだ眠っている商材があるかもしれませんね!



新しいエリアを見つけましょう!

  • 有名な買付け市場は他にも、ラライサップ・ナイトマーケット・サパーンレック・ワラチャック・サナムルアーンソーン…など沢山あります。上記でご紹介した以外のスポットもご案内出来ます。

    アジア特有の商材以外にも、一見タイを連想させにくい商品も沢山埋もれています。取り扱いたい品目でのお問い合わせなら、例えば、スポーツ用品・電気製品・クロコなど。その他各種ご相談下さい。

    タイは農業国のイメージがありますが、実は工業もアジアの中では有数の国なのです。世界の一流メーカーは、殆ど工場をここに構えているのではないでしょうか?

    まだ誰も手をつけていない隙間製品や、隠れたものを探してみるのもいいと思います。実はそういったものが長続きする(ロングテール)隠れた商材なのかもしれません。

  • 何処にどんなヒット商品があるのか解りません。是非、あなただけのアイテムを見つけてください!



バンコクの展示会場

  • タイは農業、工業ともに活気のある国です。バイヤーの方はいろいろな予算、規模だと思いますが、個人的売買というより商社を絡めた、タイ日間の貿易を考えている方は必ず訪問したり、展示会の開催時期に合わせて見ておくべき機関です。タイ国のOTOP(1村1品)はこの機関推奨により活動援助されています。

    いたるところで開催される展示会こそが、バイヤーにとっては、非常に重要な即売会場でもあり、貿易の商談の場所でもあります。個人売買以外のバイヤーで、特に商社を絡めてのタイ=日間の貿易を考えている方は、買い付け時期を展示会の開催時期に合わせてでも見ておくべきです。見学だけでも一度は訪れて頂きたいところです。

    将来はタイ日間の関税撤廃となるFTAが締結されていますので、これから更にタイ日貿易は活発になることでしょう。様々な展示会がいたるところで開催されていますが、是非日程を参考に指定ただき、一度は見学だけでも訪れて頂きたいところです。即売会でもあり貿易の商談の場所でもあります。

    しかし、これらの展示会はやはり外国人価格になっているところが多いので、展示会場での商談は避けて、後日に改めて連絡するのがおすすめです。そんな時に大活躍するのが、我々のようなエージェントなんだと思います。

    ※開催期間は、予約が殺到しますので、状況によってはお受け出来ない場合もございます。是非、お早めにご予約ください。

  • バンコクの展示会場です。

    特にOTOP(1村1品)や輸出、貿易をお考えのバイヤーさんは一度は必ず訪れてほしい場所です。(バンコク市内には合計3箇所の展示会場があります。)

    この会場はインパクトムアントンタニは広すぎます。タイで最大規模ですが、アジアでも指折りの展示会場なのは間違いないです。



イベント・展示会のスケジュール確認が要チェックのサイトです!


    • インパクト ムアントンタニ 

    • MAP
    タイで最大規模のイベント総合施設「IMPACT」



    • バンコク国際貿易展示センター 

    • MAP
    コンベンション、展示会のための世界クラスの規模



    タイ貿易促進

    展示会のお知らせ、日程、予約等が確認できます。
  • 展示会場では、バンコク宝石&ジュエリーフェア・コスメ・ウェディング・家具からモーターショウまで開催されています。気になる展示会・フェアがあればお気軽にお問い合わせください。弊社の同行サービス・通訳ガイドを使って新たな展開を!!
contact
先頭